素直に実践100%実践する

素直に実践100%実践する
副業を開始した当初、右も左も分からず
お金を支払い始めたのだが、
当時は誰にも自慢できることもない状態でした。
そこの副業を始める時の口癖が
「でも、だって、できない」でした。
「でも、だって、できない」を口にすることで、
全然前に進めなかったということを思い出ししました。
成果を上げたい分野において先生からの
アドバイスを言われた時に気が乗らない、
納得できない場合がこれから出てくるかもしれませんが
考えてもらいたい事として、
その分野でのあなたと先生との間に
収入面や成果で差がある場合には
能力にも差があるので先生のお話は聞くべきだと思います。
守破離という言葉がありますが、
まず大切なことは先生の言われたことは守る
守ることが出来ればそれを今度は打ち破り、
自分らしさを出すために離れるという意味だが、
個人的な見解は守り続けるだけでも、
最短最速で大きな成果に結びつくと思っています。
経験のない分野で成果を上げたいと思った時には
成果を上げている方のコンサルに参加して
しっかりと言われたことを守ることで
成果に繋がっていきました。
その分野で成功している人の言うことは
100%正しいということを意識して素直に行動すること
それと継続することで先生と同じ状態に近づけると思います。
また、自分の人生で上手くいかないと感じている人は
これらを意識していくだけでも変わると思いますので、
実践してみて下さいね。

空いた時間にネットで簡単に仕事ができるランサーズのメリットについて

ネットで仕事をした経験はありますか。

殆どの人は通勤して会社の属して、現場で働いたり、会社の中で働いたり、お店で接客をしたりという働き方が大多数だと思います。

今回ご紹介するランサーズについては、個人で仕事を受けたり、仕事を依頼したりもできて、ネット上で仕事を完結できるサイトになります。

本記事はランサーズで仕事をする人の視点で記載していきます。


ランサーズのメリットは以下になります。
・通勤をしなくて良い
・上司との付き合いをしなくて良い
・性格の合わない人と接しなくて良い
・仕事をする人を選べる
・人と顔を合わせる必要がない
・自宅でも仕事ができる
・能力があれば高単価の仕事ができる

他にもあるかもしれませんが、ざっくりとこんな感じです。

次にランサーズのデメリットは以下になります。
・安い仕事が多い
・一人なので、孤独
・人と会ってのコミュニケーションがない
・運動不足になりがち
・ネット環境がないとできない

大体はこんな感じだと思います。


PCを使ったことがない人やPCが苦手な人も簡単な仕事が多数あり、未経験からやれる仕事もあるのでやってみたいと思う人は挑戦してみるのも良いと思います。

また、ランサーズでは案件を熟していくことで、認定ランサー制度というものがあり、ランサーズが定める基準をすべて満たしたランサー(受注者)はメリットが更に増えます。

簡単にいうと、仕事を依頼している人から高単価の仕事を優先して依頼してくれたり、スカウトされて良い仕事をさせてくれたり、
ランサーズクラブオフという福利厚生(国内宿泊、海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービスなど)があり、優待価格で利用する事もできます。
(条件付きで過去3ヶ月連続で5,000円以上の報酬を獲得されていること)


その他にオススメする人は以下です。
・お小遣い稼ぎをした人
・時間が空いていて、合間に作業できる人

色々な案件から選択次第では自由度が高いのもランサーズのメリットになります。

登録が無料なので気楽に始めやすいですよ。
↓                 ↓


クラウドソーシング「ランサーズ」

裁量スキルを身に付ける、FX初心者の学習プログラムについて

今日は、
「FX初心者が一気に専業レベルまで駆け上がる学習プログラム」の
水平線を使った裁量スキルを身につける
秘密の環境認識法を学べる教材をあなたにご紹介します。

それは、
FX初心者のための水平線を使った環境認識入門
【トレードの教科書】という教材です。

突然ですが、下の項目に当てはまる所はありませんか?

◆「水平線」を使っているけど勝てない
◆無駄なポジションを持ってしまう
◆ポジションを持っていないと落ち着かない
◆トレードの基礎が全く分からない 
◆「何から勉強していいのか」分からない
◆いつもエントリーした方と逆行してしまう
◆商材をいくつも試したけれど、全然勝てない
◆自分のトレードにいまいち自信がない
◆エントリーが早い気がする
◆退場寸前でストレスMAX

これらの悩みを解決できるノウハウです。
興味はありませんか?

上に挙げた勝てない原因は
トレードの基礎の1つである
『環境認識』が出来ていない事にあります。

何事も基礎が重要です。
いくら知識を詰め込んでも
バランスが取れてない状態では崩れやすいものです。

【トレードの手順の3つのポイント】

①トレンドの方向性を見抜く(大局の流れ)
        ↓
②レートが伸びるポイントを見抜く(中局の流れ)
        ↓
③エントリータイミングを計って、トレードをする(小局の流れ)

多くの方は
いきなり③をやるので負けてしまうのです。

本来は、①→②→③の順に
丁寧に『環境認識』をしていくことで
安定して勝つことができるようになります。

 

『環境認識力』とは
相場の「大局の流れ・中局の流れ・小局の流れ」

この3つの流れを分析し
一番稼げるポイントを見つけだす能力です。

まず最初にトレードをする上で
大切になってくるエントリーポイントを

いかに優位性の高いものにするかが
トレードの勝敗を分けます。

マルチタイムフレーム分析を使った『環境認識力』が
FXトレードにおける「最強の武器」になります。

勝てないトレーダーが勝つために
やるべきことは
『環境認識』と『検証』です。

 

そのため、この【トレードの教科書】では
この勝つためのコツである

特に『環境認識』に
フォーカスを当てています。

【トレードの教科書】で習得する
『環境認識』とは

「稼げる理屈」、つまり「原理原則」までを
徹底的に身につけてもらえるように
綿密な仕組みで作り上げられています。

 

この「勝てる理屈」、「勝ち方」さえ
手に入れてしまえば

あとはさじ加減で好きなように相場で永遠に稼ぐことができます。

実チャートとケーススタディを
多数含めた動画解説で
「学習と実践の両立」を目指し

そのへんのブログや書籍に転がっている
よくある、ありきたりな情報ではなく

生きたノウハウがぎっしり詰まったものを
購入者さんに届けたくて、コンテンツを作り込んだという、

渾身の傑作になっているそうで
私自身も実際に使ってみましたが、「これは本物だな」と思いました。

初心者トレーダーさんでも
分かりやすくなっていますし

長年トレードしていて
勝てないという方には、

勝つための要素がとても詳しく解説されているので

「これさえあれば、勝てるようになるだろうな」
というのが、私の感想です。

エントリーする前に必要な
「どの通貨ペアが今は1番勝てそうなんだろう?」とか

「どのポイントで売れば勝ちやすいんだろう?」など

トレードで勝つために必要不可欠な
『環境認識』についてわかりやすく丁寧に解説されています。

 

そして
この【トレードの教科書】の目玉として
インジケーターがついてきます。

これは
1分で自動で環境認識ができ
「売りシグナル・買いシグナル」が出るインジケータです。

もちろん、無料ですし、
MT4が使えるなら、どのFX会社でも使えます。

このインジケータを作動するだけで自動で、
複数の時間足の環境認識で勝ちやすい場面を見つけ出せませす。

難しい作業、面倒な作業は一切不要で、
今は売ればいいのか、買えばいいのかが分かる優れものです。

 

【トレードの教科書】の目次も載せておきますね。
※変更される場合があるので詳しくは下の販売ページで確認してください。

■オリエンテーション
 【あや流 相場分析】企画の目次
 【あや流 相場分析】企画の全体像
 オリエンテーションPDF

■第1回目
 1-1 トレード環境の最適化
 1-1-1 補足 お金持ちの習慣
 1-1-2 確認テスト
 1-1-3 参加者さんのテストの結果
 1-2 マインドup
 1-3 補足動画 最短で【トレードの教科書】を読む
 1-4 第1回目 課題(提出は任意)
 1-5 成功するための必要な情報を集めるアンテナ
 第1回目 PDF

■第2回目
 2-1 環境認識で手に入れられるもの
 2-2 どうやって環境認識をするのか
 2-3 水平線による相場分析法(1) -1
 2-4 水平線による相場分析法(1) -2
 2-5 トレンドラインはどう使うのか
 2-6 ボリンジャーバンドはどう使うのか
 2-7 ボリンジャーバンドの特性
 2-8 水平線による相場分析法 Q&A
 2-9 補足動画 優位性の高い場所(リアルチャート)
 2-10 水平線の強弱ライン 
 2-11 効くトレンドラインの引き方のコツ
 2-12 補足動画2 効くトレンドラインの引き方のコツ

 第2回目 課題(提出は任意)
 参加者さんの課題の添削コーナー(1)
 参加者さんの課題の添削コーナー(2)
 参加者さんの課題の添削コーナー(3)
 第2回目 PDF
 参加者さんの質問

■第3回目
 3-1トレンド相場とレンジ相場
 3-2ダウ理論による目線の理解1-1
 3-3ダウ理論による目線の理解1-2
 3-4トレンド時に1本ラインを引くとしたら?
 3-5ダウ理論による目線の理解2 
 3-6ダウ理論でトレンドを明確にして流れをつかむ
 3-7ダウ理論でトレンドと転換場面の目線を追いかける練習
 第3回目 課題(提出は任意)
 第3回目 PDF

■第4回目
 4-1 水平線による相場分析法(2)長期足1
 4-2 水平線による相場分析法(2)長期足2
 4-3 水平線による相場分析法(2)上位足
 4-4 水平線による相場分析法(2)執行足1
 4-5 水平線による相場分析法(2)執行足2
 4-6 水平線による相場分析法のトレード事例集1
 4-7 水平線による相場分析法のトレード事例集2(前半)
 4-8 水平線による相場分析法のトレード事例集2(後半)
 4-9 水平線による相場分析法のトレード事例集3
 4-10 補足動画1 MT4での便利な機能
 4-11 フィボナッチチャネルで環境認識
 4-11-1 フィボナッチチャネルの表示の操作
 4-12 補足動画2 リアルトレード1
 4-13 補足動画3 リアルトレード2
 4-14 補足動画4 利確テクニック 
 AYAオリジナルインジケータ 
 4-15第4回目 課題(提出は任意)
 4-16 参加者さんの課題チェックコーナー
 4-17 参加者さんの質問
 4-18 実践問題を解いてみよう
 第4回目 PDF
 ノート

■第5回目
 5-1 通貨ペア選定のコツ1
 5-2 通貨ペア選定のコツ2
 5-3 通貨ペア選定のコツ3
 5-4 チャート表示の裏技
 5-5 通貨ペア選びの実際の手順 
 第5回目 課題(提出は任意)
 第5回目 PDF

■第6回目
 6-1 反対ポジションの〇〇
 6-2 レートが伸びやすい場所(優位性のあるトレードポイント)
 6-2-2 レートが伸びやすい場所(明確なライン)
 6-3 ポジション管理&ドテンをするたった1つの〇〇
 6-4 エグジットの考え方
 6-5 レートが伸びやすい場所の深堀り
 6-6 だましに遭いにくくする2つの方法
 第6回目 課題(提出は任意)
 第6回目 PDF

■第7回目 エリオット波動編
 7-1 エリオット波動 概略
 7-2 エリオット波動 第1波
 7-3 エリオット波動 第2波
 7-4 エリオット波動 第3波
 7-5 エリオット波動 第4波
 7-6 エリオット波動 第5波
 7-7 エリオット波動 abc波
 7-8 エリオット波動 シナリオ構築1
 7-9 エリオット波動 シナリオ構築2
 7-10 補足動画1 実チャートで波を確かめてみよう
 7-11 エリオット波動とチャネルライン 前半
 7-12 エリオット波動とチャネルライン 後半
 7-13 エリオット波動 Q&A
 7-14 第7回目 課題(提出は任意)
 7-15 参加者さんの課題チェックコーナー
 第7回目エリオット編 PDF

■第7回目 検証編
 7-1 狙う場面の明確化
 7-2 検証の目的とメリット
 7-3 検証のデメリットと検証の流れ
 7-4 MT4検証1 検証前の準備ポイント
 7-5 MT4検証2 マーキング
 7-6 MT4検証3 キャプチャー①
 7-7 MT4検証4 キャプチャー②
 7-8 MT4検証5 データ撮り
 7-9 MT4検証6 データからの考察ポイント①
 7-10 MT4検証7 データからの考察ポイント②
 7-11 Forex Tester検証1 検証前のポイント
 7-12 Forex Tester検証2 実際の検証方法
 補足動画 実際の検証データからの考察方法
 7-13 第7回目 課題(提出は任意)
 第7回目検証編 PDF

■第8回目
 総まとめ
 第8回目 PDF

 

さらに、
分からない個所を直接作成者さんに質問できるコンサルも
特典としてついています。

作成者さんと一緒にチャートを見ながら
「こういう場合はどうなるの?」
「ココの部分はどういう意味ですか?」

 

などなど
マンツーマンで講義を受けることができます。

勝っているトレーダーに直接聞ける機会はそうそう無いので
(しかも、1対1で!)

私はこれが1番魅力を感じましたね。

通常この価格ではせいぜいPDF100ページ程度でしょう。
300ページあれば「凄いボリュームだな」と感じると思います。

しかし、【トレードの教科書】はそれを大きく上回る
PDF900ページ、さらに動画も76本です。

作成者のあやさんいわく、
なぜここまでするのかというと

(1)『値段以上の価値』を購入者さんに
受け取ってほしかったから

 

(2)購入者さんの「勝ち組になりたい!」という気持ちを
力いっぱいバックアップしたかったから

とのことです。

 

作成者のあやさんが
普段のトレードで環境認識をして
実際に成果を上げているロジックを

再現できるようにと
「これでもか!」と言うくらい丁寧に
「手取り足取り」解説をしてくれます。

今ここで【トレードの教科書】を買わなかったら
29,800円というお金は減らないかもしれませんが、

 

それ以上の何十万円、何百万円というお金を
これからのトレードで失い続けることになるかもしれません。

「今」この瞬間の行動が未来を作ります。

1年後の勝ち組になる選択は何でしょうか?

さぁ、【トレードの教科書】を手にして
自由な生活を手にしませんか?

 

 

■追伸2 7つの豪華特典
特典も豪華ですので、要チェックです!

・特典1 3,000円相当 各時間足の環境認識☆丸わかりチェックリスト

・特典2 10,000円相当 【トレードの教科書】手法 リアルトレード解説PDF
(※【トレードの教科書】の環境認識を使ったトレード実例)

・特典3  20,000円相当 マンツーマン コンサル

・特典4 1,000円相当 Forex Testerの使い方マニュアル

・特典5  1,000円相当 FXで勝ち続ける為の12の極意

・特典6 1,000円相当 トレードスタイル診断テスト

・特典7  8,000円相当 検証用 超らくらくテンプレート

 

特に、「各時間足の環境認識☆丸わかりチェックリスト」は
【トレードの教科書】の最重要ポイントである環境認識について

各時間足ではどこを確認すれば良いのかを
分かりやすく図解されているので
これだけでも値段以上の価値はあると思います。

 

■追伸3 全額保証付き

この【トレードの教科書】は、作成者のあやさんの自信作です。
あやさんが勝てなかった時代を思い出しながら

「あの時、どんなアドバイスがあればもっと早く手勝てるようになっていたのか?」
と自問自答し

勝つために必要な知識や、
普段やっている秘密の環境認識について全て公開されたもので

そこまでの自信があるので
今回180日間という信じられない返金保証がついています。

内容に満足できなかった場合には

参加されてから6か月以内に連絡すれば、
コンテンツ代金の全額を返金してもらえるそうです。

 

さらに、
注目すべきことは

発売開始から3ヶ月で140本売れているこの【トレードの教科書】で
『返金請求をした人は一人もいません。』

この事実から、顧客満足度97%というのがうなづけますね。

 

つまり、得はあってもリスクは、ほぼありません。

 

【トレードの教科書】の詳細はコチラ

体を活発にする朝ごはんで選ぶべきメニュー

朝は何かと忙しくて時間がないと感じてる方が多いと思います。
そんな時に簡単に朝食を準備して、ササっと食べ終えたいですよね。
直ぐに食べ終えれる物だからといって、体に良くない物も食べたくないと感じている方も多いのではないでしょうか?
朝ごはんは一日の始まりなので、体を目覚めさせるためにも摂取することをお勧めします。

本題に入りまして、選ぶべきメニューは健康面を考えた場合、発酵食品になります。
代表的な物は、人工的に作られていない味噌を使った味噌汁、漬物、チーズ、ヨーグルト、納豆などです。
メニューとしては、ご飯、味噌汁、漬物、サラダ、納豆、カツオ節が乗った豆腐など朝ごはんには発酵食品を摂りいれると良いでしょう。

発酵食品を勧める理由について
発酵食品に含まれる酵素が体の機能を活発にしてくれます。
その為、消化吸収、解毒分解、燃焼排泄などの機能が活発になりますのでとても健康的になっていきます。
その他には、旨味が増したり保存期間が長いので貯め置きもしやすいというメリットがあります。
発酵食品の他にも酵素は生の食材に含まれていますので、生の食材を摂り入れるのもお勧めです。
生の食材で代表的な物は、刺身、果物、ナッツ類、漬物も生の食材になります。
漬物についても代表的なものですと、ぬか漬けや塩漬け、メンマ、ザーサイ、キムチなども自家製でなければ市販のもので直ぐに準備できますよね。

時間がないという方について
出勤前や幼稚園の送りなどで、時間がないという方は即席で作れる味噌汁(有機農法、無添加など)を選んで、そこに更に具をプラスする、例えばみそ汁の具という乾燥した具材の入った商品を組み合わせても簡単にボリュームのある味噌汁が作れます。
私の場合は、味噌汁に生のレタスを入れて野菜摂取を更に増やしたりもしています。
具材がプラスされることで、美味しさもアップし、栄養面でも向上します。
また、納豆も準備に手間が少なく、栄養価が高いのでお勧めです。

これらの食品で朝の忙しい時間の手間を減らし、体に良い物を積極的に摂りいれて下さいね。

マッサージ後の体の変化について

マッサージを受けたことはありますか?
体が怠かったり、疲れたり、痛かったりしてなんとかしたいと思ったことはありますでしょうか?
マッサージを受けた方であれば、その違いを感じることはできると思いますが、マッサージを受けようか迷った方はマッサージの良さを知っていただければと思います。

体が怠かったり、疲れたりしている状態は疲労物質が溜まっている状態で、その状態は急に起こっているものではなく蓄積されてある日、気になってしまうほどの疲労として感じていることを理解していただきたいです。
これは太ってきた感覚に似ていると私は感じていて、日々の生活の中から少しずつ積み重なった結果です。
その為、程度にもよりますが直ぐに全部の疲れを取りきれない場合が多いです。

マッサージを受けた方であれば、定期的に通う事を勧められた経験があるのではないでしょうか?
それは日常的に疲れが溜まる生活をしているので、生活を少し変える必要があるということでもあります。
この疲れている状態(痛みを感じる場合もある)というのは、疲労感の他にも影響しているものがあります。
それは痛みとして感じているパターンと凝りによって正常に体が動かない状態でもあり、睡眠不足の原因にもなっています。

睡眠不足の原因は体の凝っている状態と関わりが高く、自律神経(呼吸器、消化器、循環器、などの活動を調整するために24時間働いている神経)にも関連してきます。
凝っている場合は体では緊張している(交感神経が優位)状態で活発に動く時の状態でもあります。
これが睡眠をとるタイミングで働くことにより眠りにくく、浅い眠りになってしまう原因になります。

一方、副交感神経が優位な状態というのはリラックスしている状態なので、本来は睡眠時間に働かなければなりません。
ですが、体の懲りと連動していることが多いので凝っていると十分に副交感神経がうまく働かない為にリラックスしきれません。
そういった体の状態をマッサージにより、揉み解すことで正常な状態へと戻してあげる役割があります。

凝っている状態は筋肉の拘縮以外にも、血管の縮小や血流の流れの悪化を招くので悪影響が大きくなっていきます。
筋肉の拘縮は運動や重い物を持った時などに怪我がしやすくなり、血管の収縮による血流の流れは血液の病気に関連していく傾向にあるので、気になる方は一度マッサージを受けてみて下さいね。

脂質(油)の種類と影響について

脂質のことなのですが、食事でも良く登場するのも脂質です。
例えば、天ぷらやラーメン、焼肉、マヨネーズなど沢山の料理や調味料、お菓子に至っても使われています。
脂はお魚にもあってとても美味しいですよね。
そんな脂質ですが、種類があるのはご存知でしょうか?
ただ、美味しいから食べるという食生活では不健康に繋がる可能性が高くなったりしていますので、脂質について触れていきます。

脂質は大きく別けて2種類ありまして、動物性の脂質と植物性の脂質です。
動物性の脂質で代表的なものは、肉の脂身、ラード、ベーコン、卵、ウナギ、バターなど
食物性の脂質で代表的なものは、なたね油、コーン油、ごま油、ナッツなどにも含まれています。

それでは、特徴を見ていきましょう。
動物性脂なのですが、更に2つに分けることができます。
常温で固まる肉を中心とした脂質と常温でも固まらない魚の脂質に分かれます。

常温で固まる肉脂の特徴はコレステロールや中性脂肪を増やし、動脈硬化を促進させる危険性が高いといわれる飽和脂肪酸を多く含んでいますので、摂取には十分に気を付けましょう。

一方、常温で固まらない魚の脂質は人の体内ではほどんど作れない必須脂肪酸の一種が含まれて、代表的な魚としてはイワシ、サバなどの青魚に沢山含まれています。

聞いたことがあるかもしれませんが、必須脂肪酸の一種でEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)の2つがあります。
EPAの働きは血栓ができにくくして、高脂血症を予防したり、動脈硬化、心筋梗塞などを予防してくれて血液をサラサラにしてくれる働きがあります。
DHAの働きはEPAほど効果が見えにくいと言われていて、完全にDHAだけの摂取が行えない為、はっきりとは解明されてないようですが、ただ、人の脳組織にとても豊富に存在する脂質であるということから、脳が作られる段階の子供や神経の発達段階の子供ということで、つまり成長期の乳幼児にはDHAを積極的に摂取すると良いと言われています。

そして、食物性脂も常温で固まらず植物の種子などから取り出される脂肪です。
ほとんどが不飽和脂肪酸で血液中の中性脂肪やコレステロールを調整する働きがあります。

以上のことからも脂質の影響から関係もある死亡原因の上位には、血液や血管の病気があり、脳梗塞、癌や白血病なども重い血液の病気でなので、脂質を摂取する際には十分に気を付けましょう。

アルコール摂取での注意すべきこと

アルコールは好きですか?
アルコール依存症や中毒になるほど、熱狂的なファンも多いものですが、ただ飲むだけというのは時には危険にもなってしまいます。
飲みすぎで二日酔いになったり、飲みすぎで吐いてしまう経験はしていないでしょうか?
二日酔いは頭が痛くなると思いますが、その痛みは脳細胞が死んでしまった時の痛みと言われています。

そして、アルコールが体内に入ってきた時にどう体は働くかを簡単に伝えると、アルコールの処理を最優先にしてしまうのです。
その結果、食べた物の分解や消化吸収がうまくできず、気持ち悪くなったり吐いたり、下痢の原因を招く状態に繋がります。

しかし、日本人の体は戦後から蓄える性質があると言われている通り、適切な処理が出来なかった栄養素を貯めこむ為、アルコールで間接的に太ってしまうとも言われています。
痩せたいという方のみならず、筋トレをした後にアルコールを飲むというのはしっかり筋肉に変わってくれない状態になるということも連想できます。
因みにアルコール1ミリリットルは7キロカロリーと言われているので、これらを考えた時に飲みすぎは様々な影響を与えてしまう原因や体調を崩す原因に繋がります。

それでもアルコールを断れない場面に遭遇する場合があると思います。
飲み会で断れない時に参加した場合の私の実際の行動を例にお伝えします。
飲み会に参加した時にやっていることですが、例えばアルコール6杯飲んだ時にしていることは水やお茶等の飲み物も6杯飲んでいます。
飲み会の時に水やお茶などのソフトドリンクを合間に注文しています。(ジュースも飲んだりしています)
そうすることでアルコールが薄まり気持ち悪くなることもほとんどなく、翌朝の物凄い喉の渇きに襲われることもありません。
そうはいっても個人差があると思いますので、参考にしていただければと思います。

うまくアルコールとお付き合いをしていってくださいね。

痩せないと悩んでいる方が注目すべきところ

運動しても思うように痩せないと感じている方もいるのではないでしょうか?
人の体は単純に数字に出来るほど単純ではなく、理論上は痩せるという計算をしていても色々な条件により結果が違ってしまうこともあります。

簡単に何故かを言いますと、人の体は適応しようと働く一面があり、ハードな運動をしてもその状態に慣れると消費されるものも変化してしまうことがあるということです。
これは例えば、ジョギングを始めた時は息切れが酷かったけれど、継続していくことで息切れが緩和されるといった状態を思い浮かべてもらうと分かりやすいでしょう。
体は適応して、その運動状態に慣れるのです。

ダイエットを始めて最初の方は凄く減って嬉しいと思っても、続けている内に思うように体重が減らないという経験はありませんか?
こういった状態も慣れが生じている可能性が高いので、運動以外も見直す必要があります。
見直すものは運動の他にズバリ食事です。
勿論、間食や飲み物にも注意が必要です。

糖分や脂分を必要以上に摂取することで、太ってしまうのことは大体の方が知っていると思いますが、塩分や他の栄養素でも取り過ぎにより太る原因になっています。
摂り過ぎてしまった場合に不要なものを排出するために必要なものは食物繊維です。
食物繊維は吸収を遅くさせる効果や排泄物を運ぶ手助けをする役割があります。
これを活用することで血糖値の急上昇を抑えることも出来て、食物繊維の摂取で腸の蠕動運動(クネクネ動く状態)を活発にする為、快便にも繋がります。

痩せないと感じた時は食事を見直し、食物繊維も取り入れながら偏食にならないようにして、運動量も少しずつ変化させてみて下さい。

ストレッチについて

運動不足で体が硬くなっていませんか?
体が硬くなると体の動きも悪くなり、運動する時も可動域が狭く効率の悪い動作になってしまいます。
そんな時にも重要になってくるのがストレッチです。

ストレッチにも種類があり、主に3種類のストレッチがありますので紹介します。

スタティックストレッチ
このストレッチは静止状態で行うストレッチです。
代表的なものでいうと、直立した状態から膝を曲げないようにして前屈して、地面に手をつけるストレッチやアキレス腱伸ばしのようなものを指します。
これは運動後に入念に行うことで乳酸を緩和して筋肉痛を軽減する目的で行ったりもします。

ダイナミックストレッチ
このストレッチは動きながら行うストレッチです。
代表的なものでいうと、ラジオ体操です。
同じ動作を繰り返し行いながら、捻ったり伸ばしたりして体をストレッチしていきます。
このストレッチは運動前に行うことで、体を温める効果と準備運動目的としても行います。
運動前はしっかりと体の可動域を戻してあげて効率の良い運動に繋げましょう。

バリスティックストレッチ
このストレッチはリハビリでも使われることがありますが、動きながら行い徐々に大きい動きにしていくストレッチです。
例えば直立した状態で、上半身を左右に捻る動きをします。
仮に普通に反動なしで捻るだけだと、90度までしか捻れない状態だったとして、左右に少しずつ反動を利用しながら徐々に大きく捻っていくことで体が慣れ始め、120度まで捻れるようになるという感じで柔軟性を養うというストレッチになります。
前屈に関しても同じで、普通に膝を曲げないように地面に手を付けようとするより、反動を利用して何度か手を付けようと前屈する方が、簡単に地面に手を付けれたりします。
ずっと付け続けるのは難しくても、一瞬だけなら簡単だったりします。

これらのストレッチをうまく活用して、普段の硬くなった体をほぐしてみてください。
また、硬くなっている状態は血管も拘縮し細くなって流れが悪くなっている状態でもあるので、気を付けて下さい。

有酸素運動について

有酸素運動と聞くとどう思いますか?
ダイエットということで有酸素運動を取り入れる方もいらっしゃると思いますが、痩せるということを考える場合、あまりお勧めできる運動ではないと私は考えています。

理由は有酸素運動の特徴にありますが、脂肪を燃焼してくれるので脂肪も落としてくれますが、同時に筋肉も落ちてしまうのが有酸素運動でもあります。
筋肉が落ちるということは消費エネルギーが多い細胞が減る、痩せやすい状態から少しずつ痩せにくい身体になってしまうということになります。
そして、有酸素運動は時間がかかる運動が基本になってしまう点がお勧めできないということになります。
もし、筋肉を落とさずに有酸素運動をやる場合には重りを付けた状態で行うのは良いかもしれません。

余談ですが、以前私は筋肉を落とさずに痩せようとして、ジョギングをしていました。
結論からお話しすると、それでも筋肉は落ちてしまいました。
参考までに私の実施していた内容をお話しすると、約10kgの重り(バンド)を腕や足に付けて(坂道も含む)ジョギングを5km実施していました。
お陰で心肺系の強化と持久的能力が向上し、体重も落ちました。
もし、有酸素運動で痩せにくいと感じている方は十分なジョギングを続けることで確実に痩せれるので、有酸素運動より体重を落とす場合には有効です。

これらを踏まえた上で有酸素運動を行ってくださいね。