魚の選び方

魚をスーパーなどで選ぶ場合は、何を見て決めていますか?
よくわからないと思って適当に選んでいる方は、鮮度の良くない魚を選んでいるかもしれません。

下処理をしていない魚が一番分かりやすい状態なのですが、魚の選び方は基本的に目がイキイキしている(透き通った目)か、お腹の状態(お腹は腐食しやすい)を見ると良いです。
売り手側からすると下処理をしていない魚は鮮度に自信があるからこそ、そのまま並べることができると思って良いです。
しかし、勘違いをしてほしくないのですが、下処理をしている=鮮度が悪い訳ではなく、下処理をしていない方が鮮度が良い場合が多いと認識されると良いです。

また、見た目で分からない場合はお店の人に聞いても良いと思います。
それに加えて、良いお店ですと調理もしてもらえますので、良いお店の基準としても考慮されると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。