カテゴリー別アーカイブ: 体の情報

マッサージ後の体の変化について

マッサージを受けたことはありますか?
体が怠かったり、疲れたり、痛かったりしてなんとかしたいと思ったことはありますでしょうか?
マッサージを受けた方であれば、その違いを感じることはできると思いますが、マッサージを受けようか迷った方はマッサージの良さを知っていただければと思います。

体が怠かったり、疲れたりしている状態は疲労物質が溜まっている状態で、その状態は急に起こっているものではなく蓄積されてある日、気になってしまうほどの疲労として感じていることを理解していただきたいです。
これは太ってきた感覚に似ていると私は感じていて、日々の生活の中から少しずつ積み重なった結果です。
その為、程度にもよりますが直ぐに全部の疲れを取りきれない場合が多いです。

マッサージを受けた方であれば、定期的に通う事を勧められた経験があるのではないでしょうか?
それは日常的に疲れが溜まる生活をしているので、生活を少し変える必要があるということでもあります。
この疲れている状態(痛みを感じる場合もある)というのは、疲労感の他にも影響しているものがあります。
それは痛みとして感じているパターンと凝りによって正常に体が動かない状態でもあり、睡眠不足の原因にもなっています。

睡眠不足の原因は体の凝っている状態と関わりが高く、自律神経(呼吸器、消化器、循環器、などの活動を調整するために24時間働いている神経)にも関連してきます。
凝っている場合は体では緊張している(交感神経が優位)状態で活発に動く時の状態でもあります。
これが睡眠をとるタイミングで働くことにより眠りにくく、浅い眠りになってしまう原因になります。

一方、副交感神経が優位な状態というのはリラックスしている状態なので、本来は睡眠時間に働かなければなりません。
ですが、体の懲りと連動していることが多いので凝っていると十分に副交感神経がうまく働かない為にリラックスしきれません。
そういった体の状態をマッサージにより、揉み解すことで正常な状態へと戻してあげる役割があります。

凝っている状態は筋肉の拘縮以外にも、血管の縮小や血流の流れの悪化を招くので悪影響が大きくなっていきます。
筋肉の拘縮は運動や重い物を持った時などに怪我がしやすくなり、血管の収縮による血流の流れは血液の病気に関連していく傾向にあるので、気になる方は一度マッサージを受けてみて下さいね。

ストレッチについて

運動不足で体が硬くなっていませんか?
体が硬くなると体の動きも悪くなり、運動する時も可動域が狭く効率の悪い動作になってしまいます。
そんな時にも重要になってくるのがストレッチです。

ストレッチにも種類があり、主に3種類のストレッチがありますので紹介します。

スタティックストレッチ
このストレッチは静止状態で行うストレッチです。
代表的なものでいうと、直立した状態から膝を曲げないようにして前屈して、地面に手をつけるストレッチやアキレス腱伸ばしのようなものを指します。
これは運動後に入念に行うことで乳酸を緩和して筋肉痛を軽減する目的で行ったりもします。

ダイナミックストレッチ
このストレッチは動きながら行うストレッチです。
代表的なものでいうと、ラジオ体操です。
同じ動作を繰り返し行いながら、捻ったり伸ばしたりして体をストレッチしていきます。
このストレッチは運動前に行うことで、体を温める効果と準備運動目的としても行います。
運動前はしっかりと体の可動域を戻してあげて効率の良い運動に繋げましょう。

バリスティックストレッチ
このストレッチはリハビリでも使われることがありますが、動きながら行い徐々に大きい動きにしていくストレッチです。
例えば直立した状態で、上半身を左右に捻る動きをします。
仮に普通に反動なしで捻るだけだと、90度までしか捻れない状態だったとして、左右に少しずつ反動を利用しながら徐々に大きく捻っていくことで体が慣れ始め、120度まで捻れるようになるという感じで柔軟性を養うというストレッチになります。
前屈に関しても同じで、普通に膝を曲げないように地面に手を付けようとするより、反動を利用して何度か手を付けようと前屈する方が、簡単に地面に手を付けれたりします。
ずっと付け続けるのは難しくても、一瞬だけなら簡単だったりします。

これらのストレッチをうまく活用して、普段の硬くなった体をほぐしてみてください。
また、硬くなっている状態は血管も拘縮し細くなって流れが悪くなっている状態でもあるので、気を付けて下さい。

筋肉と脂肪の違いについて

筋肉は多少付けたいけど、脂肪はなくしたいって方は多いですよね。
今回は筋肉と脂肪の違いの理解を深めてもらい、トレーニングやダイエットのやる気に繋がればと思います。

筋肉と脂肪の見た目
例えば、2kgずつ並べた場合の見た目の違いは、筋肉に対して脂肪は2倍大きく見えます。
この違いは筋肉の密度が高く体積が小さいからということを意味しています。
見た目もかなり変わり、同じ体重でも大きさに差が生じてしまいます。
更に、筋肉は引き締まっているのに対して脂肪は弛んだ状態なので、お腹やお尻が垂れた状態に見えてしまいます。

筋肉と脂肪の役割
筋肉は消費が激しいので身体を燃焼させやすく痩せやすい状態です。
また、骨や内蔵などを衝撃から守るという役割担っています。
しかし、使わなくなってしまうと硬くなっていき、怪我をしやすくなる(懲りの原因)状態にもさせてしまうので、常に動かすようにしましょう。

脂肪はエネルギー源になっていたり、内臓を守っていたり体を寒冷から守ったりする働きもあります。
しかし、貯めこみすぎると動脈硬化血圧や血糖値が高くなるって主に血液の病気の原因に繋がりやすいです。

結論ですが、筋肉も脂肪も大切な役割を持っていますが、バランスを考えて付き合わないと不健康になってしまうので、性質を知ることは大切です。
見た目だけでなく、役割や悪い面を知ることでもっと運動やダイエットの必要性を理解して、健康な体造りに活用して下さいね。

自宅でも一緒に始められる運動はこちらをクリック
   ↓            ↓

目の周りがピクピクしている状態は痙攣

長時間PCやスマホを見ていると、動かそうとしていないのにピクピク目の周辺が動くことはありませんか?
心当たりがある方はそんな状態が気になりますし、顔が引きつって嫌ですよね。

ピクピクするのは痙攣している状態です。
この状態は血液が詰まってきている事の現れでもある為、気を付ける必要があります。
数時間置きに目を休めたり、目の周りの筋肉をマッサージして固まっている筋肉を緩める事で納まります。
眼科で目薬を処方してもらう事でも解決に進んでいきます。

目の血管は細い為、血液の詰まりが目に表れやすいので、血管のつまりを判断する為の症状と考えても良いでしょう。
痙攣をした場合はこめかみ部分をグリグリ押たり、後頭部や側頭部や首をマッサージしても良いと思います。
強さはあまり痛すぎない程度で調節すると良いと思います。
もしくは、フェイシャルマッサージを受けるのもおすすめです。

筋肉の性質

筋肉は鍛えている内は体を活性化するものになりますが、動かさない状態が続いていくとだんだん拘縮してしまい、動かせない筋肉になっていきます。

力を入れた時は硬くなっても良いのですが、力を入れていない時は緩んでいる状態が正常です。
しかし、動かせない筋肉の場合は力を入れていなくても硬くて、柔軟性が失われた状態で使っていない筋肉を動かそうとすると、場合によっては痛めてしまいます。
例えて言うとゴムと同じで伸縮性がない状態です。
使おうとした時に切れてしまう場面を想像してみてください。

この伸縮性のない状態は肩凝りや腰痛でも感じるあのじんわりとくる疲労感であったり、痛み等の原因です。
ストレッチをすると突っ張る感じも同様です。

ゴムを筋肉で言い換えると筋繊維が切れて傷めたり、最悪の場合は肉離れ=筋肉が切れて肉と肉が離れる状態になるので、激痛を感じて支えていた筋肉が切れるので支えられない状態になり、そのまま動けなくなるという事態になることもあります。

そうならないためにも定期的に筋肉を動かしてあげるためにも運動やストレッチ等の体のメンテナンスが必要です。
運動が苦手な方はマッサージもおすすめです。
自宅でできる簡単マッサージはこちら
   ↓          ↓

骨の重要性

骨は血液を作ってくれる組織です。
骨って体を支えてくれているだけだと思っていませんでしたか?

身体を支えるためにも必要ですが、栄養がないとそもそも骨から血液も作られなくなり、カルシウムが摂取されないと骨は栄養として血液に溶けていくため、骨粗鬆症に繋がります。
女性は特にホルモンにより、男性よりも顕著に骨粗鬆症になりやすいと言われています。

骨は成人の健康な人で365日掛けて生まれ変わると言われています。
目に見えないのですが、骨も日々生まれ変わっています。
イメージで伝えると、少しずつめくれるような感じで、古い骨がなくなっていき、新しい骨が形成されていくイメージです。
この時にカルシウムを中心とした栄養素が不足していると骨が正常に形成されず、少しずつ骨密度が失われてしまいます。
その為にもカルシウムはしっかりと摂ることをお勧めします!