脂質(油)の種類と影響について

脂質のことなのですが、食事でも良く登場するのも脂質です。
例えば、天ぷらやラーメン、焼肉、マヨネーズなど沢山の料理や調味料、お菓子に至っても使われています。
脂はお魚にもあってとても美味しいですよね。
そんな脂質ですが、種類があるのはご存知でしょうか?
ただ、美味しいから食べるという食生活では不健康に繋がる可能性が高くなったりしていますので、脂質について触れていきます。

脂質は大きく別けて2種類ありまして、動物性の脂質と植物性の脂質です。
動物性の脂質で代表的なものは、肉の脂身、ラード、ベーコン、卵、ウナギ、バターなど
食物性の脂質で代表的なものは、なたね油、コーン油、ごま油、ナッツなどにも含まれています。

それでは、特徴を見ていきましょう。
動物性脂なのですが、更に2つに分けることができます。
常温で固まる肉を中心とした脂質と常温でも固まらない魚の脂質に分かれます。

常温で固まる肉脂の特徴はコレステロールや中性脂肪を増やし、動脈硬化を促進させる危険性が高いといわれる飽和脂肪酸を多く含んでいますので、摂取には十分に気を付けましょう。

一方、常温で固まらない魚の脂質は人の体内ではほどんど作れない必須脂肪酸の一種が含まれて、代表的な魚としてはイワシ、サバなどの青魚に沢山含まれています。

聞いたことがあるかもしれませんが、必須脂肪酸の一種でEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)の2つがあります。
EPAの働きは血栓ができにくくして、高脂血症を予防したり、動脈硬化、心筋梗塞などを予防してくれて血液をサラサラにしてくれる働きがあります。
DHAの働きはEPAほど効果が見えにくいと言われていて、完全にDHAだけの摂取が行えない為、はっきりとは解明されてないようですが、ただ、人の脳組織にとても豊富に存在する脂質であるということから、脳が作られる段階の子供や神経の発達段階の子供ということで、つまり成長期の乳幼児にはDHAを積極的に摂取すると良いと言われています。

そして、食物性脂も常温で固まらず植物の種子などから取り出される脂肪です。
ほとんどが不飽和脂肪酸で血液中の中性脂肪やコレステロールを調整する働きがあります。

以上のことからも脂質の影響から関係もある死亡原因の上位には、血液や血管の病気があり、脳梗塞、癌や白血病なども重い血液の病気でなので、脂質を摂取する際には十分に気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。