糖質の特徴について

甘いものが好きですか?
おやつは欠かさず食べるという方も多いかもしれませんが、そんな甘い物を中心に含まれる糖質についてお話したいと思います。

糖質は3大栄養素の1つと言っても良い栄養素です。
厳密にいうと炭水化物の中に食物繊維と糖質があり、炭水化物が3大栄養素になるからです。
糖質は何に含まれているかというと、読んで字の如く砂糖を中心としたものに含まれるので、甘いお菓子やジュース等に含まれています。
点滴でも使われるブドウ糖も糖質になり、エネルギーとして使われる成分の代表になります。
そんな糖ですが、その糖が不足するとどうなるか気になりますよね?

糖が不足すると脳に対しても筋力に対しても働きが低下してしまいます。
仕事などで疲れた時に甘いものが欲しいと思った経験はありませんか?
その状態はまさに、身体が自然に欲している証拠でもあり、必要な栄養素という現れです。
そして、糖を摂取する過程でインシュリンというホルモンが身体から排出され、全身へ栄養を運ぶ役割も担っています。
その糖が、不足する為に脳や筋力の働き低下に繋がるわけです。

しかし、ここで疑問に感じた方もいると思いますが、ボクサーやその他のスポーツ選手でも糖質を制限するという話を耳にしたことがあると思いますが、糖質制限は期間を限定して行っている事が多いです。
ボクサーの場合は階級制限で体重を調整する関係上の問題であったり、その他のスポーツ選手でも一時的に体のコンディションを調整する為として行われることが多いです。
糖質は必要な栄養素なので長期的な糖質制限は控えたほうが良いでしょう。

そして、糖質は太るという話を耳にすると思いますが、摂取の仕方で変わります。
食事をした時に血糖値が上がり、糖質を摂取すると体内ではインシュリンというホルモンが分泌され、血糖値を下げようと働きます。
糖質を沢山摂取するとインシュリンも沢山排出され、摂取量に合わせて血糖値の下げる量も大幅に下げようとしてくれるのですが、太る原因になるのは沢山の糖質を摂取した時に沢山排出されるインシュリンの副作用が関係しています。
インシュリンは血糖値を下げてくれるのですが、その代わりに脂肪細胞を増やし、脂肪が分解されにくくしてしまう(太りやすく痩せにくくする)作用があります。
つまり、ジュースの一気飲みやアイスクリームのような糖質の塊を一気に食べることを繰り返すことで、太りやすくなってしまうのです。(白米ばかり食べるのも気を付けましょう)

以上のことから糖質の摂取方法に気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。