筋肉の性質

筋肉は鍛えている内は体を活性化するものになりますが、動かさない状態が続いていくとだんだん拘縮してしまい、動かせない筋肉になっていきます。

力を入れた時は硬くなっても良いのですが、力を入れていない時は緩んでいる状態が正常です。
しかし、動かせない筋肉の場合は力を入れていなくても硬くて、柔軟性が失われた状態で使っていない筋肉を動かそうとすると、場合によっては痛めてしまいます。
例えて言うとゴムと同じで伸縮性がない状態です。
使おうとした時に切れてしまう場面を想像してみてください。

この伸縮性のない状態は肩凝りや腰痛でも感じるあのじんわりとくる疲労感であったり、痛み等の原因です。
ストレッチをすると突っ張る感じも同様です。

ゴムを筋肉で言い換えると筋繊維が切れて傷めたり、最悪の場合は肉離れ=筋肉が切れて肉と肉が離れる状態になるので、激痛を感じて支えていた筋肉が切れるので支えられない状態になり、そのまま動けなくなるという事態になることもあります。

そうならないためにも定期的に筋肉を動かしてあげるためにも運動やストレッチ等の体のメンテナンスが必要です。
運動が苦手な方はマッサージもおすすめです。
自宅でできる簡単マッサージはこちら
   ↓          ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。