体を活発にする朝ごはんで選ぶべきメニュー

朝は何かと忙しくて時間がないと感じてる方が多いと思います。
そんな時に簡単に朝食を準備して、ササっと食べ終えたいですよね。
直ぐに食べ終えれる物だからといって、体に良くない物も食べたくないと感じている方も多いのではないでしょうか?
朝ごはんは一日の始まりなので、体を目覚めさせるためにも摂取することをお勧めします。

本題に入りまして、選ぶべきメニューは健康面を考えた場合、発酵食品になります。
代表的な物は、人工的に作られていない味噌を使った味噌汁、漬物、チーズ、ヨーグルト、納豆などです。
メニューとしては、ご飯、味噌汁、漬物、サラダ、納豆、カツオ節が乗った豆腐など朝ごはんには発酵食品を摂りいれると良いでしょう。

発酵食品を勧める理由について
発酵食品に含まれる酵素が体の機能を活発にしてくれます。
その為、消化吸収、解毒分解、燃焼排泄などの機能が活発になりますのでとても健康的になっていきます。
その他には、旨味が増したり保存期間が長いので貯め置きもしやすいというメリットがあります。
発酵食品の他にも酵素は生の食材に含まれていますので、生の食材を摂り入れるのもお勧めです。
生の食材で代表的な物は、刺身、果物、ナッツ類、漬物も生の食材になります。
漬物についても代表的なものですと、ぬか漬けや塩漬け、メンマ、ザーサイ、キムチなども自家製でなければ市販のもので直ぐに準備できますよね。

時間がないという方について
出勤前や幼稚園の送りなどで、時間がないという方は即席で作れる味噌汁(有機農法、無添加など)を選んで、そこに更に具をプラスする、例えばみそ汁の具という乾燥した具材の入った商品を組み合わせても簡単にボリュームのある味噌汁が作れます。
私の場合は、味噌汁に生のレタスを入れて野菜摂取を更に増やしたりもしています。
具材がプラスされることで、美味しさもアップし、栄養面でも向上します。
また、納豆も準備に手間が少なく、栄養価が高いのでお勧めです。

これらの食品で朝の忙しい時間の手間を減らし、体に良い物を積極的に摂りいれて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。