マッサージ後の体の変化について

マッサージを受けたことはありますか?
体が怠かったり、疲れたり、痛かったりしてなんとかしたいと思ったことはありますでしょうか?
マッサージを受けた方であれば、その違いを感じることはできると思いますが、マッサージを受けようか迷った方はマッサージの良さを知っていただければと思います。

体が怠かったり、疲れたりしている状態は疲労物質が溜まっている状態で、その状態は急に起こっているものではなく蓄積されてある日、気になってしまうほどの疲労として感じていることを理解していただきたいです。
これは太ってきた感覚に似ていると私は感じていて、日々の生活の中から少しずつ積み重なった結果です。
その為、程度にもよりますが直ぐに全部の疲れを取りきれない場合が多いです。

マッサージを受けた方であれば、定期的に通う事を勧められた経験があるのではないでしょうか?
それは日常的に疲れが溜まる生活をしているので、生活を少し変える必要があるということでもあります。
この疲れている状態(痛みを感じる場合もある)というのは、疲労感の他にも影響しているものがあります。
それは痛みとして感じているパターンと凝りによって正常に体が動かない状態でもあり、睡眠不足の原因にもなっています。

睡眠不足の原因は体の凝っている状態と関わりが高く、自律神経(呼吸器、消化器、循環器、などの活動を調整するために24時間働いている神経)にも関連してきます。
凝っている場合は体では緊張している(交感神経が優位)状態で活発に動く時の状態でもあります。
これが睡眠をとるタイミングで働くことにより眠りにくく、浅い眠りになってしまう原因になります。

一方、副交感神経が優位な状態というのはリラックスしている状態なので、本来は睡眠時間に働かなければなりません。
ですが、体の懲りと連動していることが多いので凝っていると十分に副交感神経がうまく働かない為にリラックスしきれません。
そういった体の状態をマッサージにより、揉み解すことで正常な状態へと戻してあげる役割があります。

凝っている状態は筋肉の拘縮以外にも、血管の縮小や血流の流れの悪化を招くので悪影響が大きくなっていきます。
筋肉の拘縮は運動や重い物を持った時などに怪我がしやすくなり、血管の収縮による血流の流れは血液の病気に関連していく傾向にあるので、気になる方は一度マッサージを受けてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。