タンパク質の種類

筋トレやダイエットに疎い方は何に気を付けて良いのか分からないなんてことはないですか?
運動が苦手でも食事は欠かせないということで、今回はタンパク質に関する情報をお伝えします。

何故タンパク質を紹介するかというと、筋トレやダイエットで共通して必要とする3代栄養素の内の一つだからです。
タンパク質は「健康と向き合って生きていくために」の記事でも少し触れましたが、身体の色んな部分を創るために必要な栄養素です。
そんなタンパク質にはいくつか種類があります。
動物性のタンパク質(肉や魚や卵)と食物性のタンパク質(大豆や小麦粉)です。

それでは、その違いについて見ていきましょう。
まずは動物性のタンパク質ですが、ホエイとカゼインと卵白の3種類に分かれます。
ホエイは牛乳から乳脂脂肪分と固形タンパク質を除いて残ったもので、カゼインはホエイを作るために取り除いた固形タンパク質から作ったものです。(イメージとしてはカッテージチーズがカゼインで残りの液体がホエイ)

そして、卵白は卵の黄卵の周りについている透明な部分(加熱すると白くなる)です。
この3種類の特徴は以下になります。

ホエイ
水に溶けやすい
吸収が早い

カゼイン
吸収が遅い
お腹に残りやすい

卵白
低脂肪
抗酸化作用がある
吸収しやすい

次に食物性タンパク質は2種類に分かれます。
小麦タンパク質と大豆タンパク質で大豆タンパク質はソイとも言われ、小麦タンパク質はグルテンと言います。
この2種類の特徴は以下になります。

ソイ
食物繊維が多い
イソフラボンも多い
吸収は遅い

グルテン
弾力性と粘着性を兼ね備えた粘弾性

これらのタンパク質で市販されている主にプロテインで使われているものはホエイ、カゼイン、ソイになります。
グルテンについては粘弾性を活かして練物としての小麦粉として使われています。

これらの種類が分かったところで、実際に何を摂取すべきなのか気になりますよね?
次回は目的に合わせた摂取すべきタンパク質についてを記載しますので、お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。