アルコール摂取での注意すべきこと

アルコールは好きですか?
アルコール依存症や中毒になるほど、熱狂的なファンも多いものですが、ただ飲むだけというのは時には危険にもなってしまいます。
飲みすぎで二日酔いになったり、飲みすぎで吐いてしまう経験はしていないでしょうか?
二日酔いは頭が痛くなると思いますが、その痛みは脳細胞が死んでしまった時の痛みと言われています。

そして、アルコールが体内に入ってきた時にどう体は働くかを簡単に伝えると、アルコールの処理を最優先にしてしまうのです。
その結果、食べた物の分解や消化吸収がうまくできず、気持ち悪くなったり吐いたり、下痢の原因を招く状態に繋がります。

しかし、日本人の体は戦後から蓄える性質があると言われている通り、適切な処理が出来なかった栄養素を貯めこむ為、アルコールで間接的に太ってしまうとも言われています。
痩せたいという方のみならず、筋トレをした後にアルコールを飲むというのはしっかり筋肉に変わってくれない状態になるということも連想できます。
因みにアルコール1ミリリットルは7キロカロリーと言われているので、これらを考えた時に飲みすぎは様々な影響を与えてしまう原因や体調を崩す原因に繋がります。

それでもアルコールを断れない場面に遭遇する場合があると思います。
飲み会で断れない時に参加した場合の私の実際の行動を例にお伝えします。
飲み会に参加した時にやっていることですが、例えばアルコール6杯飲んだ時にしていることは水やお茶等の飲み物も6杯飲んでいます。
飲み会の時に水やお茶などのソフトドリンクを合間に注文しています。(ジュースも飲んだりしています)
そうすることでアルコールが薄まり気持ち悪くなることもほとんどなく、翌朝の物凄い喉の渇きに襲われることもありません。
そうはいっても個人差があると思いますので、参考にしていただければと思います。

うまくアルコールとお付き合いをしていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。